パーソナルカラー診断@東京立川「iro × iro」いろいろ

JR中央線・南武線 立川駅北口から徒歩9分、パーソナルカラー診断「iro × iro」(いろいろ)のホームページ

*

変わりたい女性のための14分類パーソナルカラー診断

診断を検討しているあなたへ

この診断は人生に目標や夢を持っている人や、これから持ちたい人、今の自分に不満がある人が結果と変化を得るための診断です。
あなたが診断で、「一番得たい結果」を考えておいてください。似合う色を知ることでどうなりたいのか?考えておいてください。

目的がハッキリしているほど、大きな結果が得られます。逆に目的がロクに定まっていなければ、たいした結果は得られません。
日常を何となく・無難に・平凡に生きていきたい人や、今の自分に十分満足している人、変わりたくない人はお断りします。

※パーソナルカラー診断は必ずノーメイクで受けてもらいます。ノーメイクで来ていただくか、メイクをされてきた場合はその場で落としてもらいます。たまにメイクを落したくないという方がいますが、それではほとんど意味が無いので必ず落としてもらいます。メイクをしたまま診断を受けたい方は他所で受けてください。

 

持ち物など

普段お使いの化粧品などがあればお持ちください。

 

パーソナルカラー診断・カウンセリングの流れ

1.カウンセリング

一番大事と言っても過言ではない時間です。
あなたの深層心理・無意識レベルで何となく考えていることを言語化します。
おそらく今まで気づかなかった自分を発見するでしょう。
そしてあなたが深層心理で得たいと思っている結果をハッキリさせます。

2.ドーレープ診断

120色のドレープ(色布)を使って、あなたに似合う色の傾向を探します。

3.解説~体験

あなたに似合う色(ベース、トーン)について、資料・ガイドブックを使って解説します。
どんな色のメイクや服を選べばいいかは、ガイドブックに記載しています。
実際に似合う色や似合わない色でメイクをしたり、服や小物を当ててみたり、似合うと似合わないの両方を体験します。
資料やタブレットを使って実践的な似合う色のコーディネート例を確認します。
見て、聞いて、触って、体験することで、なりたいイメージを具体化していきます。

※A5サイズの診断結果つきガイドブックをプレゼント。

4.目標の設定と計画

目的地(ゴール)と地図(ナビ)が無ければどこにも行けないように、良くなりたいと漠然と思っていても何にも変わりません。
カウンセリングとパーソナルカラー診断の結果をもとに、できるだけ具体的な目標(ゴール)を設定し、そこに至る計画(ナビ)をたてます。

あとはゴールに向かって出発するのみです!

 

料金

15000円+税(所要時間約100分)

 

各種割引

学生、または2~3名様でご来店で10%引きとなります。

全額保証制度

「何も得られなかったらどうしよう・・・」
「損してしまうんじゃ・・・」
といった中々踏み切れない人にも安心して来ていただけるように、全額保証制度を作りました。
もし、診断の内容が 「料金を払う価値が無い」 と思われたなら、料金は一切いただきません。

※この制度は、当日その場限りで有効です。  帰宅後の返金等には応じていません。
 全額保証制度をご利用の場合、カウンセリングで得た全てのモノ(資料など)を返却してもらいます。
 また、今後当店のサービスは一切受けられません。

オプション

オプションでヘアカラー診断もやってます。くわしくは↓をクリック!

ご予約について

ご予約・お問い合わせはコンタクトフォーム・LINEから24時間受付(対応は10~24時)ています。(電話は繋がりにくいので極力お控えください。)予約可能日は、カレンダー(全てのページにあります)をご覧ください。
ご予約の方は題名は「予約」本文にご希望の日時・メニューを記入の上送信してください。
ご希望の日時は第2希望(第1希望とは別日で)までご記入をお願いします。
こちらからご予約承りました。という内容の返信が届いた時点でご予約完了となります。

※取得した個人情報は、一切外部に漏らすことはありません。ご安心ください。

・コンタクトフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

題名

メッセージ本文


※1日以内に返信が無い場合は他のご連絡方法でお問合せください。

・LINE

LINE@では友だち追加した時点では、こちらには誰が友達になったか知らされません。
トーク送信後に初めて個人の認識ができるので、とりあえず追加しといてもらっても不都合はないと思います。
また、トーク送信後もこちら側から個人のタイムライン等を見ることは出来ないのでご安心ください。

スマートフォンでご覧の方は下のボタンから友だち追加した後にトークでご連絡ください。

友だち追加数

パソコンでご覧の方はQRコードをスマートフォンで読みとってください。

What’s 14分類

フォーシーズンによる分類をやめました

パーソナルカラー診断の分類方法は現在様々な流派があり、4~20分類以上まであります。
基本の4分類(フォーシーズン)だけでは色の幅が広過ぎて、あまり似合わない色も混ざってしまいます。
そうなると必然的に分類が増えていくのですが、その分類方法のほとんどがフォーシーズンを取り入れていてわけが分からない状
態になっています。
ファースト&セカンドシーズンや、シーズン×シーズンなど、狭くなったような広くなったような…結局どの色が似合うの?
色の知識がないシロウトに理解できる範囲を超えています。
ではナゼそうなってしまうのか?それは「シーズンにとらわれ過ぎているから」です。
フォーシーズンは4分類だからこそ適しているわけで、それ以上になったら分類方法として適さないのです。
大事なのはシーズンを知ることじゃありません。似合う色を自分でハッキリと把握することです。
というわけで、iro × iroではフォーシーズンを無くしてわかりやすくしました。
それはベース×トーンという分類方法です。2ベース×7トーン=14分類が基本となります。

ベースについて

パーソナルカラーの基本の2ベースはブルーベースとイエローベースです。
このベースという考え方は、色の三属性(色相、明度、彩度)の中では色相の部分に当たります。
明るさや、あざやかさ(明度、彩度)は関係ありません。

ブルーベース:青みがかっていたり、冷たさを感じる寒色系が主体
イエローベース:黄みがかっていたり、暖かさを感じる暖色系が主体

iro × iroではこの基本2ベースに加え、ニュートラルベースという考え方を取り入れました。
「ニュートラル」には中間とか、中立などの意味があります。
全員がブルーベースとイエローベースにハッキリ分かれるわけではありません。
中には偏りが小さい人もいて、似合う色があまりベースに左右されないこともあります。
そういう人を無理にどちらかのベースに当てはめるのも良くないし、もったいないと思うのです。
というわけで、ブルーベースもイエローベースもあまり関係ない中立的位置として、ニュートラルベースを取り入れました。
合わせて3ベースになりますが、ニュートラルベースはブルーベースとイエローベース両方を含むので、トーンのみでの分類となります。

トーンについて

トーンとは色の三属性(色相、明度、彩度)の中の、明度(明るさ)と彩度(あざやかさ)を組み合わせたものです。
iro × iroでは下の図のように、7つのトーンに分類しています。

縦軸が明度で、上に行くほど明度が高い(明るい)、下に行くほど明度が低い(暗い)。
横軸が彩度で、右に行くほど彩度が高い(あざやか)、左に行くほど彩度が低い(鈍い)。

7つのトーンの内訳は、高彩度のVivid(ヴィヴィッド)、高明度・中彩度のBright(ブライト)、高明度・低彩度のPastel(パステル)、中明度・中彩度のMiddle(ミドル)、中明度・低彩度のGrayish(グレイッシュ)、低明度・中彩度のDeep(ディープ)、低明度・低彩度のDark(ダーク)です。

似合うトーンを知ることで、フォーシーズンではわかりづらかった色の細かいニュアンスまで視覚的にも論理的にも理解できます。

ガイドブックより

パーソナルカラー診断では、7つのトーンより細かく分ける必要性は無いと思います。
なぜなら似合う色はそこまで限定的ではないことが多く、ある程度の幅がある方がファッションのバリエーションや選ぶ楽しみも増えるからです。
似合うトーンはだいたい7つの中から2~3つの範囲まで絞られます。

14分類とフォーシーズンの関係

「フォーシーズンによる分類をやめました」とは言ったものの、完全に捨ててはいません。
フォーシーズンは基本的に14分類を複数組み合わせることによってできています。
大まかに以下のようになります。

ブルーベース

サマー:ブライト、パステル、ミドル、グレイッシュ
ウィンター:ヴィヴィッド、ディープ、ダーク、パステル

イエローベース

スプリング:ヴィヴィッド、ブライト、パステル、ミドル
オータム:ミドル、グレイッシュ、ディープ、ダーク

例えば
ブルーベース×(ヴィヴィッド+ディープ)=ウィンター
イエローベース×(ヴィヴィッド+ディープ)=スプリング×オータム

このように、14分類で診断すると自動的にフォーシーズンまでわかってしまいます。
しかも、よりわかりやすい形で!
副産物ではありますが、フォーシーズンを知りたい人にも対応しています。

公開日:
最終更新日:2017/09/09