パーソナルカラー診断@東京立川「iro × iro」いろいろ

JR中央線・南武線 立川駅北口から徒歩9分、パーソナルカラー診断「iro × iro」(いろいろ)のホームページ

*

パーソナルカラー診断にNLPを取り入れています。

   

先日、木下山多さんの「ニュートラルベースNLPプラクティショナーコース」を修了しました。

NLPについて知らない人も多いと思うので、簡単に説明します。

NLPとは?

NLPというのはNeuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)の略称で、言語学と心理学等を組み合わせた実用的なコミュニケーション心理学です。
人同士のコミュニケーションは、言葉が一番重要だと思っていませんか?
でも実は言葉(言語)によるコミュニケーションは7%ほどで、残りの93%は声の調子やボディーランゲージなど非言語のコミュニケーションを使っています。
同じ言葉でも、発し方でまるで違う意味に受けとられることもあるのです。

NLPで出来ること

神経言語プログラミングというだけあって、コンピューターのプログラミングと同じようなものです。
脳には予め様々な情報がプログラミングされており、特定の刺激を与えれば毎回同じような反応を示すように出来ています。
これが人間の生活を便利にも、不便にもしています。
便利な点の例は、モラルや一般常識などがあります。やっていいこと、いけないことは教育や日常生活で脳にプログラミングされることで、円滑な日常生活が出来ています。
不便な点の例は、高所恐怖症などです。高所恐怖症は何かをきっかけに高いところに登ると恐怖を感じるように脳にプログラミングされています。
NLPを使ってこのプログラムを書き換えることで、恐怖症を解消することも出来ます。
NLPではその他にも下記のようなことが出来ます。

  • 問題(悩み)解決
  • コミュニケーション力の向上
  • 人間関係の改善
  • 自己肯定
  • 自己実現
  • 目標達成

このプログラムは人間の脳の無意識の領域にあるので、意識的にはなかなかプログラミング出来ません。
しかし、NLPを習得すれば誰でも脳にプログラミングすることが出来ます。

顕在意識と潜在意識

人の行動の97%以上は無意識(潜在意識)で行われていて、意識(顕在意識)的な行動はわずか3%以下と言われています。
心臓を動かしたり、呼吸をしたり、歩いたり…イチイチ意識してやってないですよね?
生命を維持する活動はもちろん、日常的な動作はほとんど無意識レベルまで落とし込まれて行われています。
例えばスポーツなんかでも初心者の頃は意識しないと体が思うように動いてくれませんが、ベテランになると反射的に体が勝手に動いてくれるようになります。

NLPを使えば顕在意識だけではなく、潜在意識を使ってコミュニケーションをとったり、問題(悩み)を解決したり出来ます。

人の体は顕在意識では基本的に同時に1つのことしか出来ないようにできています。
しかし、潜在意識は同時並列で処理することが出来るので、潜在意識を利用すれば全てのことが圧倒的に楽になります。
また、人は意識的にはほとんど変わることが出来ません。
人の行動は97%以上が潜在意識でしたね。
例えば「やせたい」と思って意識的に3%以下の行動を変えても、やせません。
潜在意識でやっている97%以上の行動を変えなければ、やせるわけがないですよね。

「なんとなく」は問題の本質を隠すフタ

潜在意識は顕在意識の行動にも影響を与えます。
「なんとなく」という理由で普段行動していませんか?
パーソナルカラー診断を受けに来るお客さんの中にも、なんとなく来ていると思いこんでいる人が結構多いです。
これは顕在意識が本質的な理由を認識できておらず、潜在意識が顕在意識に行動させている状態です。

生命維持や生理現象以外の人間の行動は、全て感情に基づいて行動しています。
その最も大きな行動理由が「痛みをさけて快楽を得る」ことです。
わざわざ時間・お金・労力を使ってパーソナルカラー診断を受けるほどの行動を起こす人には、必ず解決したい問題(悩み)や得たい感情があります。
それだけの行動を起こしておいて「なんとなく」なんてありえません。

潜在意識から本質を見つける

パーソナルカラー(似合う色)を知ることは本質的な目的ではなく、問題(悩み)を解決したり、感情を得る手段でしかありません。
しかし、解決したい問題があるのに見て見ぬふりをしていたり、潜在意識に閉じ込めていたり、なるべく向き合って傷つかないようにしています。
その問題と向き合うこと自体が「痛み」であり、避けることが「快楽」なのです。
でも一時的な「快楽」は、長期的に見ると「痛み」であることが多いです。
iro × iroのパーソナルカラー診断では、NLPをで潜在意識を呼び起こして、解決したい問題と向き合ってもらいます。
そして、その問題を解決できるように診断中に考え方から変えていきます。
一般的なパーソナルカラー診断では、似合う色(シーズン)が分かった時点で終了です。
これでは表面的には問題解決したようで本質的にはしていないし、得たい感情も得られていません。
おそらくその後もモヤモヤすることになるでしょう。

潜在意識と向き合うことで今まで思ってもいなかった自分の一面に気づくこともあれば、常識を根底から覆されて人生観がガラッと変わることもあるでしょう。
でも、だからこそどこよりも結果を出すことが出来ます。
あなたの人生を変えるパーソナルカラー診断。
ちょっとでも気になったら受けた方がいいです。

メニュー1

 - 診断