パーソナルカラー診断@東京立川「iro × iro」いろいろ

JR中央線・南武線 立川駅北口から徒歩9分、パーソナルカラー診断「iro × iro」(いろいろ)のホームページ

*

好きな色が似合わない・嫌いな色が似合うという悩みを解決!

   

こんにちはiro × iroの久保です。
パーソナルカラー診断を受けに来てくれたお客様に、よく「好きな色と似合う色は違うんですか?」と聞かれます。答えとしては「違います。」パーソナルカラー診断の結果で、場合によっては好きな色が似合わない、あるいは嫌いな色が似合う人も多いのです。もちろん好きな色がよく似合い、嫌いな色が似合わないという人も多いのですが、好きな色と似合う色は必ずしも一致しないものです。

そこで、好きな色・嫌いな色・似合う色・似合わない色のそれぞれの違いと、好きな色・嫌いな色が、似合う・似合わない場合の解決法と個人的見解を書いてみました。

kao

好き・嫌い、似合う・似合わない

好きな色

あなたに良い感情をもたらしてくれる色です。良い感情には「落ち着く・キレイ・かわいい・おしゃれ・しっくりくる」等があります。あなたにもいくつか好きな色があると思います。稀に「特に好きな色がない」と言う人もいますが、パッと出てこないだけで潜在的な好みはあることが多いです。具体的に赤・黄・青等の色味(色相)が好きな人もいれば、淡い色・濃い色・暗い色等の明るさや鮮やかさ(トーン)が好きな人もいます。出来れば似合ってほしい、積極的に選びたい色ですよね。

嫌いな色

あなたに悪い感情をもたらす色です。悪い感情には「落ち着かない・不快・汚い・ダサイ・地味」等があります。好きな色同様、あなたにもいくつか嫌いな色があると思います。「特に嫌いな色がない」と言う人は好きな色がない人に比べて多いですが、深く掘り下げていくとあまり好みではない色があったりします。好きな色同様、赤・黄・青等の色味(色相)が嫌いな人もいれば、淡い色・濃い色・暗い色等の明るさや鮮やかさ(トーン)が嫌いな人もいます。似合ってほしくないとは言わないまでも、あまり選びたくない色ですよね。

似合う色

あなたと調和する色のことです。調和して見える例として、「若々しい・健康的・活発・キレイ」等があります。パーソナルカラー診断は「人と色とのカラーコーディネート」のようなものです。

似合わない色

あなたと調和しない色のことです。不調和に見える例として、「老けている・不健康・暗い・ダサイ」等があります。いくら身につけている色のコーディネートが良くても、肝心の人と色とのコーディネートが悪ければ台無しです。

 

色の好みと調和

好きな色が似合う場合

今まで通り好きな色を選んで、ステキな人生にしましょう。最高の結果ですね。好きな色を身に着けてステキに見えるに越したことはありません。

嫌いな色が似合わない場合

特に理由がなければ選ばなくていいと思います。嫌いな上に似合わない色を、あえて選びたがる人もいないですよね。制服などでどうしても似合わない色を身につける必要がある場合は、自由が許されている場所に好きな似合う色を身に着けましょう。

好きな色が似合わない場合

全くダメというわけではありません。ただし、控えめにしたほうがいいのは確かです。なるべく似合う色を顔周りに身に着けて、好きな色は面積を少なめにするのが好ましいと思います。でも、似合わないのは割り切って好きな色で押し通すというのもアリです。

嫌いな色が似合う場合

出来るだけ好きな色の中から、最大限似合う色を選びましょう。嫌いな色なんて、出来れば選びたくないですよね。もちろん、無理して選ぶ必要はありません。いくら似合う色だからといって、嫌いな色を無理に選ぶのは精神衛生上良くありません。あなたの内面が満たされない状態で、ステキに見えるはずがないのです。

 

久保の個人的見解

好きな色か似合う色かで優先順位をつけるとしたら、好きな色>似合う色です。例え好きな色が似合わなくても、好きな色で押し通すのもアリだと思います。それはもう個人の自由です。パーソナルカラーは人生を楽しく、豊かにするための手段の一つにすぎません。パーソナルカラー診断の結果が、人生の楽しみを奪うことになっては意味がないと思うのです。結果が趣味に合わなければ、無理して取り入れる必要はありません。できる範囲で、楽しめる範囲で取り入れていただければと思います。

パーソナルカラー診断メニュー・料金

お問合せ・ご予約はこちらから→お問合せ・ご予約

 

LINE登録お願いします↓

友だち追加数

・QRコード

 - パーソナルカラー , ,